レイキとスピリチュアルで幸せに♥

レイキマスター仁科まさきが徒然に語っていきます

年をとっても人の役に立てる!

昨日のオープンディは21名のかた来て頂きました。人数的には、丁度良い感じで、全体的にノンビリとレイキの練習が出来ましたね。

 
その中で質問が出たのですが
 「レイキは年をとると出にくくなるのでしょうか?」
  「いえいえ、全然そんなことはありません、レイキの出る量というのは年齢とは一切関係ありません。自分の、心身の状態だけに寄ります」
 
レイキは自分が高齢になっても人にやってあげられるのです。高齢になると、出来ないことがどんどん増えて、出来ることが減っていって、自分の存在価値もなくなってしまいがちです。特に、高齢になると人からやってもらうことばかりになっていきます。
 
レイキは、そんな高齢期を大きく変えることが出来ます! レイキをすることは、体力も気力も全く使いませんして、他人に手を当ててレイキをすると自分の調子も良くなります。ですから、ほんとにヨボヨボになっても、人にレイキをしてあげて、人の不調を治してあげられるのです。
 
レイキを使っているかた、元気なヨボヨボのレイキヒーラーを目指しましょう(笑)

家族から怪しまれてしまう その4

最後、大事なのはレイキを家族jが具合の悪いときに使うということです。
 
あまり不調になっていないときにレイキをしてあげても、受けている方は必ずしも実感がないかもしれませんし、ハッキリと目に見える効果が体験しにくいかも知れません。
 
ですから講習でもお話ししているように、ご家族が不調の時、病気の時、ケガの時、ハッキリとした症状のあるときに、十分な時間レイキをしてあげるのがベストです。
 
ご家族が、傷みや辛さを感じているときは「少しでも良くなりたい」「多少怪しいものでも、効果がありさえすれば良い」と思うのが普通ですので、そういう時に「まっ、気安めかもしれないけど、試させて(^^)」と手を当てやすいです。
 
そうすれば、実感も強いし、効果もわかりやすいです。
 
時間をかけてそのようなチャンス待って見逃さないようにしていて下さい。これが一番大事なコツだと思います!

家族から怪しまれてしまう その3

レイキのように目に見えないものは、地道に実績を作っていくのがベストです。論よりも証拠です。
 
私自身はセラピーの分野はアロマセラピーから始めて、レイキは後付けだったのですが、レイキを取り入れたときの妻の最初の反応としては「そんなことやっても、どうせそれで来るお客さんはいないでしょ!」という反応でした(笑)。
 
でも、生徒さんやクライアントさんが来だすと「エッ、なんで? そんなもの(笑)習ったり受けたりに来る人がいるの??」と意外に思ったようです。
 
そして、自分が受けたり、子供が受けたり、数年かけて効果を実際に体験していって、初めて信じるに至ったのです。普通の人は、それが普通ですよ! それで良いのです。
 
既婚女性の受講生でも、初めはうさんくさいと思われたりしても、徐々に手を当てて、徐々に効果を知ってもらっていくと、ご主人のほう

f:id:reiki-cases:20180620074241j:plain

もレイキを受講されに来るご夫婦も実はかなりの数いらっしゃいます。ただ、一般的にこれには1~2年かかります。逆にじっくりとノンビリ取り組めば、それぐらいの変化は充分に起きるということです。
 
男性は論理重視ですが、実は「事実」重視でもあるのです。一旦自分が効果をハッキリと感じると、案外と簡単に意見が変わります。これには1日や1ヶ月ではそのタイミングがないかもしれませんが、1年、2年と根気よく使って行くと、ある時点でストーンと意見が変わります
 
常識や思い込みというのは、すぐには覆すことは難しいのですが、地道に時間をかけ、機会を重ねて行けば、案外とコロッと解消するものです。ですから、レイキを受講直後は、家族から全面否定されても、余り気にしないこと。続けていって実績を作れば、それはある時点から容易に崩れて行きます。

 

体験会、41名のかたにレイキを受けて頂きました!


昨日の公開体験会、41名のかたにレイキを受けて頂きました! どうもありがとうございました。
 
A やはり、以前の感覚と比べて、一言二言ぐらいの説明で、皆さん気軽に「受けてみます」という方が増えたと思います。この傾向がどんどん続いていってほしいです(*^O^*)
 
この日は土日と言うこともあって、親子連れ、赤ちゃん連れのかたが目立ちました。スタッフも、お子さんのおもりもさせて頂きました(笑)。

 
80才のおばあさまで、レイキを聞いたこともなく、初めて受けて頂きましたが、首のつらいのがその場で軽くなって、是非講習を受けたいと相談をして頂きました。大変嬉しいですね。
 
「レイキ全然知らない」→「受けて気持ち良い、効果を感じられる」→「興味を持って習ってみたい」 この流れが、恣意的でなくて自然にその場で起こるって、素晴らしいです。これが本当のレイキの実力だと思います。
 
スタッフの皆さんもご苦労様でした。初参加のIさん、Aさん、お疲れさまでした!

家族から怪しまれてしまう その2

レイキを家族に理解してもらう方法をご紹介します。
 
●講習の練習モデルになってもらう
 
可能であれば、ご家族には講習の練習モデルになってもらうのが一番確実です。香りの森では講習の際にご家族に練習モデルで来ていただけます。これはレイキを正しく理解してもらためには、最大限強力な方法です。
 
モデルとしてこられたご主人は、大抵の場合は怪訝な感じで講習をスタートし(笑)、最初は表情を硬くしておられます。「ウチの妻がだまされないようにチェックていよう」というカリカリした雰囲気でスタートするご主人もいらっしゃいます。しかし、一緒に講義を受けて、実際にレイキを受ける体験をすると、徐々に違和感が減っていき、最後はレイキに対しての否定感は大部分解消していきます。
 
講習でモデルになってもらっておくと、そのあとでも気軽にレイキを受けてもらえて、非常にやりやすいです。しかし、モデルなってくれるご主人は一部でしょうから、それが難しければ、以下の方法で攻略していきましょう。
 
●男性を見くびらない
 
実は、多くの奥様に共通している認識として「ウチの旦那は、こういう事には興味もないし、どうせ拒否するだろう」というのがあります。
 
レイキのようなことに関しては、世の男性はかなり見くびられています。最初っから、諦めてしまっている奥様がかなりいらっしゃると思います。
 
しかし、多くのご主人の例を見ていると、実は奥様達が思っているほど、ご主人達はこういうものを毛嫌いしているわけではないのですね。この点は女性の側に一般的な誤解があると思います。(男性が、そう誤解させているとも言えますが・・・)
 
「どうせ拒否するだろう」という態度で接していると、拒否されやすくなるものです。男性は「期待されてない」と感じると、どうしても冷たく反応してしまいます。辛抱強く見守ってあげると良いと思います。
 
●パンフレット
 
一般的に、自分の家族の言うことは信じないが、本になっていたり印刷物になっていると、一応気に留めてみるという傾向があります。
 
「どうせ、ウチの嫁が言っていることだから」信用出来ないとか、「ウチの娘の言うことだから」怪しいとか、そういう見方をされることが少なくありません。
 
ですから、レイキを習ってご家族から信用してもらえない場合は、「マイホーム・レイキ」などの拙著を読んでもらったり、パンフレットを読んでもらったりすると意識が変わる場合があります。レイキの本は普通の人が読むと怪しく感じるものも多くありますので、「マイホーム・レイキ」などの拙著をおすすめします。
 
ただ、「読んで!」って渡すと、嫌がられるかもしれませんから(笑)、自分がいつも読んでいる振りをして、テーブルやリビングに転がしておくと良いかもしれません。

家族から怪しまれてしまう その1

レイキを始められて悩まれることがあるのは、ご家族の反応でしょうか。とりあえず黙って受けてくれるのならまだ良いですが、
 

  「そんな怪しいもの、なんで行ったの?」
  「壺買わされなかった?」
  「オレには触らないでくれ!」
  「そんな講習に金を出すなんて!」
  「うさんくさ~! いかがわし~い!」
  「おまえはバカか!」
 

など、全面否定の場合もあるでしょうね。とくに男性家族の場合は、「女はだまされやすい」「女は感覚で行動する」などと上から目線で考えている場合がありますね。
 

でも、これは極めて正常な反応です。目に見えない科学的には理解出来ないことを「怪しい」と思うのは、とても正常な反応です
 

そして、世の中の皆さんは、かなりの部分、自分で体験した事がないことに関しては、一般常識や与えられた知識だけで判断しています。また、男性は論理的な帰結を最大限重視します。手を当てただけで何かが変わるなんて、そんな”非”常識なことは、認められるはずがありません(笑)
 

ですから、もしもご家族がそんな反応をしても、やむを得ない、しようがない、まあ普通なんです。だから、レイキを習ってきて、家族から頭から否定されても、一喜一憂しないで平然としていて下さい。
 

逆に「怪しいでしょ(笑)、でも効果があるのよね~(^^)」という態度でいたほうが、逆に怪しまれません。
 

分の中で「怪しまれないか、怪しまれないか・・・」という心配心・恐怖心があると、それは他人から見るとほんとに怪しいオーラになります!「怪しく思われるのがごく普通だ」という気持ちでいるほうが怪しいオーラにならないのです!

では、レイキを理解してもらうために、どうしたら良いのでしょうか?
|||続く・・・・

シャワーだけは病気になりやすい!

症状を抱えてレイキセラピーを受けにいらっしゃるクライアントさんのタイプとして、緊張過多、うまく眠れない、疲れが取れない、背中全体が凝っているというケースがあります。
 
こういう人に「お風呂、湯船に浸かっていますか?」って聞くと、大抵「いやー、シャワーだけで済ましていて」っていう答えが多いのです。おそらく95%位です。つまり:
 
具合の悪くなる人の大部分が、お風呂にゆっくり入っていない!
 
実は、お風呂に入って湯船にユックリ浸かるって、と~っても大事なことなんです! シャワーは、汚れを落とすことは出来ますが、緊張を落とすことは出来ません。しかも、作用としては目覚めさせる効果があります。だから、朝にシャワーを浴びると良いのですが、夜にシャワーだけで済ませるのは身体の不調を引き起こすのです。
 
それから、肩こりの人、首コリの人、特に首が凝っているために頭痛になっている人。こういうクライアントさんにも「お風呂ユックリ入っていますか?」って聞くと、大抵「シャワーだけです」とか、「お湯は一杯に入れないで、胸までです」という答えの場合が多いです。
 
日本人だったら、ユックリと湯船に浸かる、ゆっくりお風呂は療法として素晴らしい効果があるのです
 
ユックリ浸かることで、緊張が緩んで副交感神経が働き、筋肉が緩まり、血行も良くなり、自然にコリが取れてゆくものです。そして、出来れば首まで浸かって欲しい。皆さん、温泉に入っている風景で胸までしか浸かっていないってないでしょ(^^) 温泉では、しっかり首まで浸かる。それは、肩こりが取れやすいのです。
 
もちろん、お湯の温度はぬるめにして下さいね! 熱いお湯も気持ちは良いのですが、シャワーと同じようにスッキリさせて、交感神経を刺激してしまいます。これから仕事!っていうときは、熱いお湯にサッと入ってスッキリさせるのは良いのですが、休むときは「ぬるすぎるかな・・・」って思えるぐらいのぬるいお湯で30分位ユックリ入っていると、療法として効果が出やすいです。
 
このお風呂に関しても、世界に誇る日本の素晴らしい習慣なのにもかかわらず、日本人を止めてしまって、そして身体の不調をきたしている人がとても多いのです。
 
皆さん、夜は温めのお風呂にユックリ首まで浸かって、休んで下さいね(^o^)