レイキとスピリチュアルで幸せに♥

レイキマスター仁科まさきが徒然に語っていきます

日本は世界を救う

昨日代々木に行って思いましたが、今年から来年にかけて、東京オリンピックが盛り上がっていくと思いますが、「日本は世界を救う」という視点を持つべきだと思っています。
 
一つはもちろん食の観点です。
たとえば、済陽(わたよう)高穂 著「晩期がん 再発がんでも 食の力で消せる」。このお医者さんは、がんの療法に食事療法を取り入れて大変成果を上げているのですが、この中で本来の日本食の良さを取り上げています。私も昔アロマの学校に行っていた頃に、調べて驚愕したのですが、今の平均的な日本の食事は、その頃よりもさらに悪くなっていてアメリカのほうがまだマシになっているそうです。良いものを捨てて、悪いものをどんどん取り入れている日本は本当に悲しいです。
 
もう一つは古くからある日本の文化です。
藤原正彦著「国家の品格」。この著書の中に「日本は世界を救う」という言葉があります。日本には本来世界の人が知って有効に使ってゆくものが多くあります。ありましたといった方が正確でしょうか。
 
武道の精神
古神道のスピリチュアルな考え
昔の日本式食事
レイキ・マクロビなどの自然療法
 
私達は戦後、それらを捨てて、今の状態に至りました。非常に残念ですが、ネガティブに考えてもしょうがないので、これらをもっと生かして「日本は世界を救う」という観点で進むべきではないでしょうか。
 
原発・エネルギーもそうです。今回のことが世界に対してよい警告となるか、そして日本がエネルギーに関して、よい道を造ってゆくことが私達の使命ではないでしょうか。
 
日本人はとっても謙虚でそれは素晴らしいことなのですが、自分を実際よりも低く評価してはいけません。逆に、日本人は世界をリードして救っていく実力というか文化の底力というか、それをもっと自覚するべきだと思います。

身体の痛みや不快感はいつも悪いことでしょうか?

西洋医学だと、違和感、不快感、痛み、重さ、怠さなどは常に「悪い」という理解しかしませんね。

 

昔、アメリカで仕事をしていて、驚いたのが皆さんデスクの引き出しに、頭痛薬などの痛み止めを必ず入れていることでした。家庭にお邪魔したときに、洗面所でも、咳止め、解熱剤、下痢止め、などなどの「止める薬」が山のようにあって驚いたことがあります。

 

残念ながら、日本でも最近はこの「止める薬」が山のように使われています。西洋医学では、即、症状を消そうとして鎮○剤、○○止め、抗○○、ステロイドなどの薬を使いますが、これはあくまで対症療法に過ぎません。もちろん大事な仕事やプレゼンや試験などがあるときは、「止める薬」を使っても良いのですが、しかし、これらを長い期間使うと必ず根本の部分を悪くします。
 
本来は、このような感覚はメッセージであって、それ自体が悪ではなくて、それを自分がちゃんと受け止めて、原因を解消してあげないといけないのです。 レイキはもちろん対症療法的にも使えるのですが、レイキは、表面的な現象だけ出なく、根本の悪い部分に働きかけます。
 
人の体は、こういう「症状」を意識的・無意識的に押さえ込むことが出来るようになっています。まあ、特定の感覚に鈍感になれるともいえます。こういう状態の時にレイキを受けると、体が弛み、感覚が正常化されて、違和感、不快感、痛み、重さ、怠さなどが出てくることがたまにあります。西洋化(というかアメリカナイズ?)された思考だと、こう言ったときに「え~!」と驚いたり、怖がったりする人がいますが、それは大きな誤解です。体のメッセージがやっと聞けるようになったということで、とても良いステップなんです。
 

こういう時は、レイキの時間を延ばしたり、その不快感の場所に手を当てたりすると、あまり時間がかからずにそういった感覚は解消してゆくことが多いです。だから逆にレイキをしていて、そういう不快感が出てくるのは、(1)レイキの時間が足りてない、(2)当てている箇所がずれていてレイキの量が足りない、というケースになります。

レベル3の内容は、レベル1からスタートしている

レイキのレベル3の内容はとてもスピリチュアルで、皆さん内容に興味を持たれる場合も少なくありません。そして興味深いことに、レベル3の内容は、最初にレイキを習ったレベル1で始まっているのです!
 
レベル1でレイキを習ったときに、レベル2へ焦らないで、じっくりと実践をして頂くのが、本当はレベル3への一番の近道なんです。これはレベル3を受講された多くの人が行ってます「振り返ってみるとレベル1が一番大事だった」と。
 
レベル3は直感を十分に使ったり、生活や人生が良い方向へ進んだり、自分が高い次元とつながっているの知ったりとありますが、レイキをちゃんと使って行けば、レベル1でこういったことが自然に始まるようになっているのです。
 
レイキは、頭で考えて直そう変えようとしないで、自然体になり、穏やかに手を当てる、ただこれだけですが、ここにその秘密があります。頭で考えることを止めて、自分の直感に素直になり、心を落ち着かせて受容的になると、五感や第六感が働きやすくなり、レベル1を受けただけも、何かメッセージが入ってきたり、自分の方向性が感じれるようになったりします。
 
また、レイキを使って行くと自分への自信も出来てきて、自分が信じれるようになったり、それはハイヤーセルフと繋がりやすくなるという事なんです。また、人にレイキを使うことで、人間関係を学んだり、モノや生き物との関わりを学んだり、それによってレベル3でお教えする世界を流れるエネルギーを理解できたりします。
 
こういったことは、レベル3でいきなり出てきて、頭で理解しろって言っても無理なんですが、レベル1の時にしっかりとレイキ体験をしておかれると自然に自分の体験として理解できます。だからレベル3にご興味があったら、まずレベル1のレイキを極めて欲しいのです。レベル1の段階では、それは無意識で、自分では分からないタイミングで起こるのですが、レベル3では、今度はそれを意識的に起こして、積極的に活用して行くようにするというのが大きな違いです。

自分の膵臓って、感じたことありますか?

肝臓は沈黙の臓器って言われてますが、実際には肝臓以上に沈黙なのが膵臓なんです!
 
膵臓場それ自体は非常におとなしい臓器で、それ自体に痛みが出ることは極めて希です(例えば膵臓ガン)。病気になっていると、左の背中のコリとして現れる場合もあります。でも、皆さん「どうも今日は膵臓の調子が悪くって・・・」なんて感じたことありませんよね。でも、膵臓も調子悪くなるんですよ。

 

膵臓ガンは決して珍しい病気ではないですが、多くの場合は致命的な段階になるまで自覚症状が無いものです。
 
レイキの場合は、膵臓は少しでも悪いと簡単にヒビキが現れて「悪い」ということがハッキリと分かります。

膵臓の役割は、一つは膵液といって消化液を作って十二指腸近辺に送っています。もう一つは、インシュリンとグルカゴンというホルモンを分泌しています。日常で、膵臓に不調を来すのは消化器系の臓器としての場合が多いようです。

私は消化器系が弱いですが、レイキを始めてから気がついたのですが、私自身は膵臓は弱い方で、たまにヒビキが出ます。過去に一度ひどい下痢になったときに、膵臓に手を当ててみたら、なんとひどいヒビキではないですか。軽い膵炎のようでした。ネットで膵炎の症状と比べると合っている部分と合っていない部分がありましたが、それっぽいことは確信できました。こんなの、レイキをやっていてヒビキが分からないと完全に見逃していると思います。で、一生懸命膵臓に手を当てていったら、別に医者に行くでもなく4~5日位でかなり回復しました。

一度、うちの息子が、夕食後になると腹痛があったり下痢があったりしました。ヒビキを取ってみると、小腸のほうはヒビキまあまあですがそれほど強くなく、胃を調べるともうビリビリしていて、さらに膵臓がガッーと熱くジリジリ感も強く、アー、これは膵臓だなと分かりました。しかも、20分ぐらいレイキを送っても、ヒビキは少し下がったぐらいで、レイキ的にはしっかり病気の状態です。でも、これはたぶん医者へ行っても分からないと思います。風邪のポイントもヒビキを調べてみると、ヒビキがかなりありましたので、風邪から来ているのかもしれません。

こんな感じで、膵臓自体の自覚症状は皆無ですが、ヒビキを調べると圧倒的に分かる場合が結構あります。皆さんも、消化器系が不調の場合は、ぜひ膵臓も必ずヒビキを調べてみて下さい。

膵臓は胃の真裏。

左のお腹の真裏です。
背中側です!
タラコのような外見と大きさの臓器です。

昨日はレイキの公開体験会でした

この日は朝がた雨で心配しましたが、図書館が開館するときには止んでいました。


この体験会、もちろん一般の方にレイキの存在を知ってもらうという目的はあるのですが、実は生徒さんが霊気を習ったあとに実践をする場として素晴らしいことなんです。

 

講習でレイキを習って、家族や友人に使ってくれる人も多いですが、家族の不調が治ってしまって使う機会が減ったとか、家族にもレイキのことを言い出せない人もいます。お一人暮らしで、レイキを使う機会の少ない人もいらっしゃいます。

 

そんなときに、レイキを使う機会があるというのは、とても大事なことです。特に、この公開体験会のように、たまたま図書館に来たまったく一般の人にレイキをしてさしあげて、「楽になった~」「気持ち良かった~」といってもらうと、撮っても自信になるのですね! この様な機会を毎月作っているのは、日本では多分私達のグループが唯一だと思います。


 

この日は33名のかたにレイキを体験して頂けました!
 

 

 
次回は、5月18日(金)です!

 

新しい直傳靈氣の師範格の誕生です

昨日、三上太郎さんが直傳靈氣の師範格を取得されました!
師範格になると、直傳靈氣の前期セミナーを教えられるようになります。

三上さんは、私の昔からの生徒さんで、2010年4月に西洋レイキのレベル1を修了されて、直傳靈氣の前期は2012年2月に受講されました。練習会もたまにいらして、とても地道にレイキ・靈氣の実践をされてこられた方です。

 
直傳靈氣の師範格は、受講するためには延べで120時間、違う人に40人以上の靈氣の実績が必要ですので、ここに来るまでに、自然に熟練者になっています。
 
今後とも、ご活躍を期待しています!
どうもおめでとうございます。

 

物へのレイキは短時間でOK

物にレイキを使う場合もあります。
これ基本的には浄化の作用です。

 

よくある質問で、ものにレイキをする時に、どれぐらいの時間レイキを送ったらよいですかという質問があります。

 

レイキというのは基本的に生き物に流れているエネルギーです。そして、人や生き物の場合はレイキを消費します。身体や組織が活動するときにレイキを使っていきます。ですから、悪い部分は沢山レイキを使ってくれるというか、レイキを吸ってくれるます。

 

つまり、生き物の場合は、手を当てている時間もその必要としているレイキの量によってかなり長い間になる場合があります。
 
ところが、物の場合は
 レイキを内部的に消費することは
  ないように思います。
 
物は生き物のようにエネルギーを"活用する"という能動的な行為がないように思います。もちろん、ある程度のレイキを受けることはありますが、生き物のように長い時間手を当てているというのは必要ないと思います。用途としても、浄化をするということが主になります。レイキをした飲み物や食べ物を頂くということは出来てプラスになるとは思いますが、僕の考えでは、それよりもその人や生き物にレイキを送った方が沢山活用してもらえると思います。